ガラスフィージングとは 

 

 

あゆみ工房では鮮やかなベネチアンガラスを使用しています。

 

イタリアのベネチアン地方で作られているベネチアンガラスを使い

板ガラスにその色ガラスから作られるミルフィオリを使い800℃前後の温度でフィージング(ガラス工芸の一種)としてアクセサリーや小物を制作します。

 

フュージング(fusing)数枚のガラスをカットし、粒状ガラス(ナゲット)

パウダーガラス(フリット)・棒状ガラス(ストリンガー)を組み合わせて電気炉で800℃の前後の高温で焼き付け融合させる技法です。

 

ガラスも膨張率のあったガラスを使用します。

膨張率が違うと破損・歪みが生じる場合もあります。

色々な技法があり出来上がるとても美しいです。

 

 


 ◆ベネチアンガラスの歴史◆

ムラノガラスの歴史は1291年ベネチアのガラス職人がムラーノ島に居住してきたことに始まります。

ベネチアの中心部にあるガラス工場での火災をきっかけに、防火を目的として、全てのガラス職人はムラーノ島に居住させられました。

 

ガラス製造の技術が世界に知られない様にガラス職人はムラーノ島に居住する事を義務付け、特別な許可が無い限り島を離れる事を禁止しました。

ガラス職人として登録された人しかガラス製造に携わる事が出来ず、その代わり、利益や特権が与えられました。

厳しい規制があったにも関わらす、強制的にムラーノ島に居住させられた住民は、納得がいかず多くのガラス職人がムラーノ島から逃げ出しました。

それによってガラス職人の経験、知識の全ては島以外に流出したのです。

ムラーノ島のガラス工芸にとって重大な危機は15世紀に起こりました。

色々な技法を生み出し、ベネチアはシャンデリアの登場により危機を乗り越えます。

シャンデリアは、ムラーノ島で作られるものの中で、もっとも有名で価値の高い作品です。

 

また有名水上都市でもあります。

 


*ミルフィオリとは*

イタリア語で「千の花」と言う意味を持つミルフィオリ、ベネチアの

伝統技法でガラス職人が手作業で一つ一つ制作しております。

向かって(左)焼成前の透明ミルフィオリ

向かって(右)焼成前の不透明ミルフィオリ


*棒ガラス*